脱毛サロンの脱毛施術は、実はどこでも毛があれば脱毛をする事ができるわけではないんですね。
今回は、脱毛施術をお願いしようとしても出来ない場所だったり、脱毛する事が出来ない条件になってしまうようなことについてを解説していきましょう。

脱毛できない部位について

脱毛の可不可、という場所については実は脱毛の手段にもよるのですがやはり目の周りというような部位に関しては脱毛をする事ができない事があるんですね。
これは、光脱毛などの場合は目のメラニン色素に対しても光が反応してしまうので、危険だからという理由です。
光脱毛は、レーザー脱毛程出力がないとは言え、脱毛に関して関係ない部位も、光が反応してしまう組織があると影響を与えてしまうんですね。
なので、その影響が心配される付近の部分は脱毛施術を出来ないこともあります。

脱毛できない条件について

そして、部位とはまた別に脱毛をする事ができない場所という物もあるんですね。
まず、肌荒れをしていたり肌がいたんでいたりして傷がついているような場合は、脱毛をする事ができないことも或ります。
光脱毛は、レーザー脱毛よりも出力とダメージが少ないとは言っても肌の状態が良くなければ、肌荒れや肌のトラブルをより悪化させてしまうこともあります。
だから、その条件に当てはまってしまう場合に関しては脱毛施術を出来ない場合があります。

脱毛出来ない部位の処理

基本的には、そう言う脱毛が不可能な場所というのは自分で処理をするしかありませんね。
特に、目の周りの毛なんかは自分で処理をする必要が有ることが多いのですが、その際にも肌のケアを忘れないようにするという事が大事ですね。
カウンセリングでは、脱毛施術出来ない部位の処理についても相談にのってくれます。

関連記事: